Life in the Slow Lane うつ病でも夢をつかむまであきらめない

うつ病と付き合いながら精いっぱい頑張っています。うつ病でも夢は大きく!

家を建てるために

家を建てる
うつ病になる前から家を建てる事を計画していたのですが、その間に2度のうつ病を患うことになってしまいました。
それでも、妻は家を建てる事を譲りませんでした。自分では返済の事を考えると、家を建てるのは今ではなくてよいと思ったのですが、押し切られる形で進めてゆくこととなりました。
たしかに、その時住んでいた物件は、4人で暮らすには充分な広さでしたが、子供の成長を考えると、確かにもう一部屋は欲しいところでした。
震災後の建て替え需要の影響で価格も大幅に上がっていきそうだったので、この時期を逃すとさらに家を建てる事が難しくなってしまうためというのもありました。


家を建てるという事のストレス
これは、実際に建てた事のある人にしかわからないと思います。
休日には、何度も展示場に足を運び、何度も設備と価格を比較し、実際にどの程度までならお金を出すのかと言う事を検討する。通常の生活をしていても自分の時間を削られてしまいます。
こういった事から、わたしは、うつ病の方が無理をして家を建てる事は勧めたくありません。しかし、中にはどうしても家を建てたいという方がいらっしゃると思うので、わたしがうつ病のなかで家を建てたときの手順を書いていきたいと思います。


当たり前のことですが、うつ病の症状が重い時期には家を建てると言う事を考えないでください。多分これを見ている方は、うつ病は完治した(とまではいかなくても、だいぶ良くなっている)方だと思われます。
わたしも、実際取り掛かれたのは、うつ病の発症から1年ほど経過して、普通に仕事をしていた時期でした。
仮に、うつ病にかかった本人が家を欲しいと思っていて、それに対する労力を惜しまないのであれば、家を建てる計画をしても良いと思いますが、わたしの様に、自分は家を建てなくても良いと思っているにもかかわらず、パートナーが家を建てたいと思っている状況であれば、もう一度話し合うことを勧めます。そうしないと、その計画している期間に、うつ病が再発するという事があり得るのです。私の場合は、家が欲しいと思っていた本人(妻)が、間取りやその他いろいろなことを考えられず、結局わたしがほとんどを段取りして、業者との話も付けたので、わたしのストレスはかなりのものでした。おかげで、家が完成して、引き渡しの次の日にうつ病で入院という事になってしまいました。


うつ病患者はお金を借りれるの?ローンを組めるの?
これが、みなさんが一番気になることではないかと思います。
その人によって違うかもしれませんが、ローン自体は組めると思われます。実際わたしもローンを組みました。ただし、比較的簡単に入れるはずの団信保険には入れませんでした。
一般的には団信保険に入れないイコール、ローンを組むことができません。
実際にわたしも他の1社からは団体信用保険に入れないのでローン審査辞退できないと断られています。
うつ病の人が団体信用保険に入るには、一般的に完治後5年を経過してからでないとダメなのです。虚偽の報告をすると無効となります。

それでは、どのようにしてローンを組んだのか、わたしのケースで説明したいと思います。

ローンの名義はわたしと妻の協同となっております。
気を付けていただきたいのが、パートナーにも収入がないといけないという事です。
とは言っても、わたしの妻は臨時職員で、今の職場で働きだしてからまだ1年経過していない状況でした。
ここで、パートナーに対してもローンを組むに当たり、条件が提示されました。条件といっても、大した条件ではなく、継続して働くことができる職種なのか、そして給料の金額はどれくらいなのかという証明をもらってきてほしいと言う事でした。
うつ病の方が家を建てるためにお金を借りるという状況において、通常であれば、パートナーも何かしらの仕事をしていないと家を建てる事に踏み切らないと思うので、できる事なら、お金を借りることを目的に一時的にでも就職されることを勧めます。

妻の事前審査は無事完了して、妻は保険に入ることもでき、ローンを組む条件が整いました。
この時点では、まだ妻がローンを組む条件を満たしたと言う事にすぎません。ここで、借りようとする金額に対して収入が少なければ、思った金額を借りることはできません。そこで、わたしが共同名義となって借りれる金額の底上げをするわけです。わたしの場合、借りれる金額は、私の収入で計算してもらいましたので、充分な金額を借りることができました。

ただし、わたしは団信保険に加入していないので、私に何かあっても保証はありません。ただし、妻は保険に入っていますので、その時は保険で全て返済されます。

このように、ある程度のリスクを背負わざるを得ません。本当に今すぐに家を建てなければならないのかをきちんと借入先の金融機関の方等と話をして、自己責任において借り入れを行うということが大切になってきます。

定期診断とその後の体調

前回の診察の後、薬を勝手に減らしていたわけですが、特に問題無く過ごせています。

夜も割と普通に寝付けています。


たまに眠れないことはあるのですが、この季節になってくると、鬱がどうという以前に寝苦しさは誰にでもありますからね。


さて、定期診断に行ってきたのですが、ほとんど何も聞かれず、薬を出され終了。減薬の正式な許可をもらおうと思ったのですが、タイミングを逃しました。

眠剤も、ほとんど残って居ないので、それについてももらおうかと思いましたが、こちらもタイミングが悪く、機会を逃してしまいました。


ここまま薬の量は減らしていく予定ですな、どこかのタイミングで、正式に減薬のしてもらえるようにしたいと思っています。


今回は特に参考になるようなことは無いのですが、このまま続けて行きたいと思います。

寝れない日が続き、勝手に減薬

本当は良くないのでしょうが、ただいま減薬しています。一応、主治医は減薬を考えているようですが、自分からはアクションを起こしていませんでした。

勝手な判断なのですが、今のところ大丈夫。次回の診察の時に相談します。

 

げんやくのこうかかどうかはわかりませんが、寝つきが良いです。薬を減らす前も寝つきが悪かったことはなかったのでしょうが、最近疲れないので寝れなかったため、ちょっと試してみました。べつに皆さんに減薬を進めるわけではありません。

 

皆さんは、勝手な判断で薬をやめないように。

 

そういえば、今日、娘のフリー参観というのに行ってきました。今週中フリー参観の予定が幼稚園で組まれていたのですが、妻もいけないとのことで、無理やり時間をとって参加してきました。

 

昨夜娘と幼稚園に見に行く事を約束していたのです。うちでは参加できないと思っていた娘は喜んでいました。

うちの娘は幼稚園が始まってしばらく朝は大泣きで、最近やっと慣れてきたところです。

 

今日、見に行った時はニコニコ。でも、パパは仕事に戻らないといけないと言ったら、泣かれてしまいました。やっぱりまだ幼稚園では寂しいみたいです。

 

仕事から帰宅すると何か月ぶりかに娘が玄関まで迎えに来てくれました。最近は玄関まで来てくれることがなくなった娘ですが、今日はとてもうれしかったです。

睡眠導入剤の使用に悩む

最近、眠れない日が続いています。

正確に言うと、寝付けないのです。

原因はわかりませんが、睡眠導入剤を使用しても眠れないことがあります。

 

昨日は睡眠導入剤を2錠ほど服用したのですが、思ったように眠れませんでした。

気にしすぎて寝付けなくなっているのかもしれませんが、ここ2週間くらい特にひどいです。

 

私は、出来れば睡眠導入剤を使用したくありませ。

気分的なものなのかもしれませんが、次の日に持ち越してしまいます。

昨晩10時前には睡眠導入剤を服用したのですが、今日の午前中は、かなり眠くて大変でした。

 

せっかく調子が良い時なので、ここで挫折して、また入院するくらいまで落ちるのは避けたいと思っています。

 

こればかりは、手探りで良い方法を見つけなければならないのでしょうが、あまりひどいときは、主治医に相談しようと思っています。

 

『無理をせず』それができればうつ病になるまで頑張りすぎないのでしょうが、なかなかそれができないので、少しサボる癖をつけていかなければならないと思う今日この頃です。

仕事復帰から1年と定期通院

もう少しで、フルタイム復帰から1年が経過します。

仕事の量という意味では、それほど多くないのかもしれませんが、部署の中では、ほかの人よりも多くこなしています。

月に2~3日は休日出勤があるので、1月のうち連休を取れるのは1回ほどです。

私の仕切りで行う夜間の会議も結構入っているのでそれなりに手数は必要です。

ただし、私はできるだけ時間内に仕事を片付けるようにしているので、定時を過ぎると基本的に仕事をしなくてもよいような状況を作っています。

 

ひとつ下の同僚は、定時を過ぎても仕事をしているタイプなので、先に帰るのに気が引けるのですが、最近は割り切って最初に帰るようにしています。

団体を持っている関係上、休日出勤は部署の中では一番私が多いので、別に気を使う必要はないのでしょうが、どうしてもこういう余計な気を使ってしまう癖がなかなか治りません。

 

さて、先日定期通院をしてきましたが、まだ薬は減りません。

また、最近寝つきが悪いことを先生に相談したのですが、やはり睡眠導入剤を進められました。

考え事をして寝れないわけではなく、元気が有り余って寝付けない感じなので、一応先生に相談したのですが、もしも躁状態と感じたら薬を調整しますとのことです。

 

自分としては、早く薬の量が減ってほしいのですが、こればかりは前回の二の舞にならないように、慎重にゆっくり治療するしかないでしょう。

 

しかし、このような仕事の仕方を続けていて良いのか考えてしまいます。仕事量に対して職場の人数が少ないのか、誰かに付き合って遅くまで残っているだけなのか、職場全体ではなかなか早く帰れる雰囲気ではないので、よろしくない環境だと思っています。

入学式と入園式

4月8日金曜日に、上の子が晴れて小学校に入学となりました。

この子が生まれてから3度うつ病にかかっていますが、無事に幼稚園を卒園させてあげることができ、小学校に入学させることができました。

上の子は2年間隣の地区の幼稚園に通い、昨年こちらの地区の幼稚園に入園しました。

この地区の幼稚園は、昨年から3年制の幼稚園となり、それまでは既に3年制となっていた隣の地区の幼稚園へ通わせていたのですが、仲の良い友達と離れなければなかったりして、子供なりにも大変だったと思います。

そして、今年、また学区の違いで何人かの友達と離れての小学校生活となります。

子供も頑張っているので、私も頑張らなければと思います。

 

昨年は、その統合の入園式があったわけですが、その時期ちょうど3度目のうつ病ということで、入院生活を送る羽目になり、しばらくの間、子供たちとも離れての暮らしでした。

 

我が家にはもう一人子供がいまして、その子が今年、幼稚園に入園することになりました。入園式は4月11日月曜日。午前中は晴れていましたが、この日は午後から季節外れの雪に見舞われました。桜と雪の春の日で、ある意味思い出に刻まれる日となりました。この下の子は、今まで保育園にも行っていなかったので、これからうまくやっていけるかどうか心配です。

 

私はうつ病治療中ですが、子供たちはこうして日々成長していきます。

だから、私はもう少し頑張らなくてはいけないのです。

このブログを書くことが、自分への励ましの意味もあるのかもしれません。

 

職場の人員も減らされている中で、うまく治療をしていけるかは不安ですが、今度は勝手な判断をしないように治療を進めていきたいと思っています。

 

そして、この文章を読んでくれている人のためにも、できるだけ参考になるようなことを書いていければと思っています。

 

まだ、色々と書けていないことがありますが、少しずつ書き足していこうと思います。

何時もと違う毛色の内容ですが、私の日常として記述しておこうと思います。

うつ病と人事異動

この人事異動と言うものがうつ病にとっては曲者です。
まわりの環境どころか、自分の仕事そのものが変わってしまうので、治療にとってはあまり良い物ではありません。
新しい部署では以前と何ら変わりなく過ごせていましたが、今考えれば薬が効いていたからだったのでしょう。それに気づかず、私は体調がよくなってきていると思い込み、主治医に薬の減量をお願いしました。
主治医は私の意見を尊重して、減量に応じてくれました。しかし、私はその後、自分勝手な判断をしてしまいます。

自分勝手が招く負のスパイラル

薬の減量を許可してもらった後、さらに自己判断で薬の量を減らし、ついには薬を止めてしまいました。それが秋も終わろうとしていたころの話です。この時は特に問題ないと思いながら仕事をしていました。
しかし、私の直属の上司が、股関節手術のために長期入院をすることとなり、その仕事の穴をカバーするべく、職務分担の再編成が行われました。
ここで、今まで覚えた仕事を半分以上変えられ、入院することとなった上司が持っていた仕事のほとんどを私がやるという状況に。ここで、薬を飲んでいれば耐えられたかもしれないし、耐えられなかったかもしれない。今となっては知る由もありませんが・・・。
たしか、この時期、私は家族にもきつく当たっていたりした次期だと思います。本当に申し訳ない行動をとっていたと、後になってから思い出されます。
結局、3月中旬で体調を崩してしまうことに。

そして、うつ病再発

職場に一人で残って、仕事をすることも増え、計画通りに仕事を進めても他部署のせいで次の仕事へ繋がらなかったり。休日を返上することもあり、気が付けば同じ部署の外の人よりも濃い仕事と多い仕事量。朝、体が動かなくて起きられないこともあり、それとなく課長に仕事が多いということを言ってみたのですが、気が付いてもらえませんでした。

決してその課長が悪かったわけではなく、自分がきちんと伝えられなかったのが原因でしょう。この後の病気休暇中に気を使ってもらったりとしたので、もう少し私がはっきりと言えていれば違ったかもと思いますが、結局再発してしまったことに違いはありませんでした。



病気休暇取得

前回は病気休暇を申請せずに復帰したのですが、今回はそうはいきませんでした。
医師からは「再発です、休みなさい。」と告げられました。
仕事はすべてその日のうちに簡単な引き継。あっさりとしたものでした。
何も考えずにゆっくりと休むことに。
2回目なので、割り切っていました。自分には少し休めば復帰できると。

ただ、妻には『そんなに仕事をしてもだれも心配してくれる人なんかいないんだよ』と言われました。

私は仕事が嫌いだと常に家族に公言しています。そのくせ、遅くまで仕事をしたり、休日をつぶして仕事をしたり。言っていることとやっていることが支離滅裂です。出世したくて仕事をしているわけではないのですが、自分の性格なのでしょう、それまで気が付いていなかったのですが、少し完璧主義に走ることがあるといわれました。

私は、仕事が嫌いなので、仕事で怒られないように進める傾向があるのかもしれません。結果として、仕事が集まってきていたのかもしれませんが、良い迷惑です。ここからまた短い闘病生活に入り、復帰へと繋げていくのですが、結局はさらなる再発へということになります。何度再発すればよいのか、そろそろいい加減に学習しないといけないことはわかっています。